【感動】最愛の夫を不慮の事故で亡くした女性へ、先生が掛けてくれた「たった一言」に涙が止まらない…

不慮の事故で夫を亡くしてしまった50代女性から、とても悲しく切ない思いが綴られた一通の手紙がとある新聞の相談コーナーへと届いた。

そんな生きることにも嫌気を差してしまった女性に対し、相談相手となった先生の掛けた言葉があまりにも感動的だとSNSを通して大きな話題となっています。

夫を不慮の事故で無くした50代女性からの悲しい相談

夫が無灯火の車にはねられ、この世を去り、加害者の女性に対する憎しみに身を支配され生きる今の生活が本当に苦しい女性。

藁にも縋る思い出相談されたことでしょう…

その気持ちに全身で受け止めた先生の回答が本当に感動するモノだったのです。

対する先生「政治学者 姜 尚中」さんの回答

実は相談を受けた姜 尚中さんも最愛の息子を亡くし、相談者と同じ苦しみを背負っていたのでした…

それでも尚、前を向いて生きているのは亡くなった息子さんが残してくれた「末永く元気で」という言葉があったからと言います。

そして、途方に暮れている相談者に対してもその「末永く元気で」という言葉を使い勇気付けてみせたのです。

回答後、相談者がどうなったかまでは記されていませんでしたが、きっと前を向いて生きようとしてくれている…そう信じたいです。

本当に感動するお話でした。

是非あなた自身も人生で本当に辛い時が訪れたとしましょう。そんなときも、決して「生きる」を辞めることは絶対にしないでください。

「末永く元気でいきましょう…」

引用元:https://buzzbuzz-net.com/otto-jiko/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント