「ママ愛してる」天国の娘から母に贈られたメッセージ、最後に綴られた言葉に涙が止まらない…

14歳でこの世を去った女の子、彼女は生前に大好きな母にメッセージを残していった。

母が遺品整理をしている時にたまたま手に取った真新しいメモ帳、その中には娘から母に当てられた素敵すぎるメッセージが綴られていたのです。

これはお母さん本人が、ドラマのような出来事が起きたとしてSNSに投稿したところ大きな反響を呼んだ実話です。

天国の娘から母に贈られたメッセージ

「ママ!!」

「大好きだよ」

「愛してる」

「必死におうえんしてる」

「いつでも見てるよ」

「天国かじごくで」

「だから」

「がんばって立ち直って」

「あの世でまたあそぼ?」

まだまだ幼かった娘さん、本当はもっともっとママの愛情を感じたかったはず…

自分がいなくなってしまう、あの世に逝ってしまうことを悟りながらも母のことを心配する姿。

本当に素晴らしい心を持っていたのですね…

けなげな姿勢に本当に感動します…

お母様も素晴らしい娘さんを持ったことを改めて感じたことでしょう。

是非娘さんの願うように、どうか残された者として頑張っていただきたいものです…

対する世間の声

天国かじごくでの一言、娘さん自分の最期を分かってながらきっと怖かったんですね。そんな中でこのメッセージ胸が痛いです。こんなにずっと頑張って生き抜いた娘さんが地獄なんかに行くわけないです。もうしんどくなくて楽しくてお友達がたくさんな所で、お母さんの事見守ってくれてると信じてます。

— yura (@yura8_yura8) February 7, 2021

悲しいけれど、とても素敵な家族の愛を感じることができました。

是非、あなた自身も普段恥ずかしくて言えない家族への感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか…

たまには手書きの手紙で…

もしこの記事が良いなと思ったら是非シェアやコメントお願いします。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/tengokumusume/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント